使い捨てコンタクトの比較ガイド
使い捨てコンタクトの比較ガイド

コンタクト全品処方箋なしで買える⇒コンタクト通販ならアットスタイル

使い捨てコンタクトの価格を比較みるとやっぱり・・

使い捨てコンタクトレンズにはいろいろな種類があります。

それぞれ長所と短所がありますので、購入を考える際には、価格や性能などさまざまな面から比較検討することをお勧めします。

使い捨てコンタクトレンズは、主に交換サイクルで分類され、主に、装着するたびに交換するワンデータイプ、1,2週間で交換する頻回交換タイプ、数か月サイクルで交換する定期交換タイプに分けられます。

価格で比較すると、ワンデーが最も高価です。

なぜならば、交換頻度が高いので単純にコストがかかるためと、ワンデーは、瞳の健康を考え、酸素透過性と保湿性に富む素材を用いているためです。

同じメーカーで比較しても、ワンデーだけでさまざまな種類があり、酸素透過性に応じて価格が上昇します。

しかもワンデーは使い捨てなので、日常のケアが必要ない点も魅力です。

ただし、酸素透過性と保湿性に富む反面、劣化しやすく耐久性に劣り、続けて使用するのは大変危険です。

とはいうものの、正しい装用をしている限り問題はありません。

高価ではありますが、洗浄液などの必要がなく、紛失や破損の場合も安心です。
長い目で見ると、瞳のためには一番よいコンタクトレンズといえます

ワンデーに並んで人気のあるのが、交換サイクルが2週間の2weekです。

こちらは、普通のソフトコンタクトレンズと同様に就寝前に外して日常的にケアする必要があります。

ワンデーと比較して酸素透過性は劣りますが、耐久性があり、価格も控えめです。