使い捨てコンタクトの比較ガイド
使い捨てコンタクトの比較ガイド
ホーム > 使い捨てコンタクトのQ&A > じゃあデメリットって一体何?

コンタクト全品処方箋なしで買える⇒コンタクト通販ならアットスタイル

じゃあ使い捨てコンタクトのデメリットって一体なに?

手軽に利用でき、万が一紛失してもその痛手が小さいことで、使い捨てコンタクトレンズは多くの方から支持を集めています。

しかし、使い捨てコンタクトレンズを利用する場合はメリットばかりに目を向けるのではなく、やはりデメリットな部分も加味した上で、使用していくかどうかを検討していくことが大切です。

使い捨てコンタクトレンズの一番のデメリットは、やはり費用がかかるということでしょう。

商品によっては1日、長くても1ヶ月程度が使用期限となっています。

安全に利用するためには、この使用期限をしっかりと守ることが大切です。

もし、費用がかかるからとか、面倒くさいとか、そういった理由で使用期限を越えて使用し続けていると、様々な眼のトラブルを引き起こす要因になってしまいます。

最悪の場合には失明に至ってしまうこともあるのです。

そのため、しっかりと使用期限を守り、その都度、新しいものを購入する必要があるのです。

た、使い捨てコンタクトレンズにはレンズが薄いものが多いということもデメリットとして挙げられます。

ハードコンタクトレンズとは異なり、装着時の違和感がほとんどないため、思わず付けていることを忘れがちになります。

それゆえに、気付かないうちに眼をこすってしまい、角膜に傷を付けてしまうというケースもあります。

角膜に傷があったり、ドライアイの症状があったり、さらにはアレルギー性結膜炎の症状があったりというケースでは、使い捨てコンタクトレンズの使用は控えるようにしたほうが良いでしょう。