使い捨てコンタクトの比較ガイド
使い捨てコンタクトの比較ガイド
ホーム > 使い捨てコンタクトのQ&A > 遠近両用タイプのメリットは?

コンタクト全品処方箋なしで買える⇒コンタクト通販ならアットスタイル

遠近両用使い捨てコンタクトのメリットを教えて!

近視と遠視の両方にお悩みの方にとっては、遠近両用の使い捨てコンタクトレンズというのは夢のような商品かもしれません。

どちらにも使用できるとともに、しかも使い捨てであるがゆえに、常に清潔な状態を保つことができるというメリットがあります。

近視と遠視の両方がある...これは40代から50代にかけて多く見られる老眼の症状でもあります。

遠くに書いてある字はもちろん読みづらいのですが、近くに書いてあるものもぼんやり見えてしまうというもの。

例えば、新聞を読んでいるときに、眼がぼやけて見えてしまうために、あえてメガネをはずして読んでいる...ということはありませんか?

これが近視と遠視の両方が重なっており、いわゆる老眼をイメージさせるものになります。

そこで、遠近両用の使い捨てコンタクトレンズを利用してみてはいかがでしょうか。

これなら、遠くのものはもちろんのこと、近くのものまでハッキリと見えることが出来ます。

つまり、近くのものを見るときにめがねを取らなくてはいけない...というわずらわしさからも開放されるのです!

また、メガネに比べて、特に横を向いたときの視野に違いを感じるはずです。

視野も広がる上に、めがねが曇るということもないので、メリットがたくさんあるといえるでしょう。

さらに、遠近両用の使い捨てコンタクトレンズは、毎日取り替えるものも発売されています。

使用する都度に購入しなければいけないためにコストがかかる反面で、毎日清潔を保つことが出来るので、それだけ目のトラブルを予防できることにもつながるのです。