使い捨てコンタクトの比較ガイド
使い捨てコンタクトの比較ガイド
ホーム > 使い捨てコンタクトについて > メリットとデメリット

コンタクト全品処方箋なしで買える⇒コンタクト通販ならアットスタイル

使い捨てコンタクトレンズにはメリットとデメリット両方があります

使い捨てコンタクトレンズを利用する人が多くなっており、さまざまなメーカーがいろいろな製品を提供しています。

コンタクトレンズは、大きく分けるとハードとソフトがあります。

ハードとソフトを比較すると、ハードの方が酸素透過性に優れているため瞳に優しいとされています。
けれども、ごみが入りやすく常に異物感があるため装着できない人も多く、落としやすいという欠点もあり、ソフトを愛用する人の方が多いようです。

ソフトは装着時は快適なのですが、瞳が酸欠になりやすいという欠点があります。

使い捨てコンタクトレンズは、ソフトとハードの利点をいかした瞳にやさしく快適な商品です。
ただし、酸素透過性に重点があるため耐久性がなく、定期的に交換しなくてはなりません。

交換サイクルもさまざまで、毎日交換のワンデータイプから、1~2週間連続装用可能なもの、数か月使えるものまであります。

連続装用可能なものには、つけたまま睡眠できるものも、夜は外して日常的なケアが必要なものもあります。

一般的に、連続装用期間が長いものは、それだけ耐久性が高く、安全だと考えることができます。
それぞれに長所と短所があるのでよく比較検討しましょう

コストについて比較するのも大切です。

同じメーカーの使い捨てコンタクトレンズで、交換サイクルが同じでも価格が異なるものがあります。
このような場合、高いものがより瞳に安全な素材を使っている場合が多いので、よく検討して、選んでください。