使い捨てコンタクトの比較ガイド
使い捨てコンタクトの比較ガイド
ホーム > 使い捨てコンタクトについて > 酸素透過性について

コンタクト全品処方箋なしで買える⇒コンタクト通販ならアットスタイル

使い捨てコンタクトの酸素透過性について

コンタクトレンズの性能を比較検討するとき、一番大切なのが酸素透過性です。

なぜ大切かというと、瞳のレンズの役割を果たす角膜には血管がないため、角膜の細胞は、大気中から直接酸素を取り入れているからです。

コンタクトレンズは角膜にとって大切な呼吸を邪魔する存在なのです。
角膜が酸欠になると、細胞が死滅してしまいます。

ですから、瞳の健康のためにいろいろなレンズを比較して、少しでも酸素をたくさん通す製品を選ぶことをお勧めします。

コンタクトレンズにはソフトとハードの2種類があります。

ハードの方が酸素を通しやすいといわれていますが、レンズの性質上違和感やずれが大きく、使いにくいためソフトを選ぶ人が少なくありませんでした。

そんなところに酸素透過性の高い使い捨てのソフトコンタクトレンズが登場し、多くの人が使い捨てを利用するようになりました。

使い捨てレンズにはさまざまな交換サイクルがありますが、それらを比較すると一番酸素透過性が高いのは毎回交換するワンデータイプのものです。

そのためワンデーは一番安全性が高いレンズだといわれています。

けれども正しい装用方法を守らないと、瞳に大きなダメージを与えます。
使用方法をきちんと守って正しく装用しましょう。

また、コンタクトレンズを装用していると瞳の乾燥も気になります。

なるべく保湿性の高いレンズを選び、乾燥を感じたら目薬で潤いを与えるようにしましょう。