使い捨てコンタクトの比較ガイド
使い捨てコンタクトの比較ガイド
ホーム > 使い捨てコンタクトのQ&A > 失明の危険性があるって本当!?

コンタクト全品処方箋なしで買える⇒コンタクト通販ならアットスタイル

使い捨てコンタクトを使ってると失明の危険性があるって本当!?

コンタクトレンズを日ごろから使用している方はたくさんいらっしゃいます。

「メガネがどうしても好きになれなくて...」などの理由でコンタクトレンズを選ばれる方も多いのですが、特に最近は、より手軽に利用できる使い捨てコンタクトレンズにも注目が集まっています。

使い捨てコンタクトレンズにはケアの必要のない1日使いきりタイプのものや、ケアは必要ながら2週間から1ヶ月ほど利用できるものまで、その種類はいくつかあります。

一般的に言われているのは、使い捨てコンタクトレンズはその都度、新品を使用できるために、非常に清潔で目のトラブルを引き起こしにくいということです。

これは使い捨てコンタクトレンズにおいては非常に大きなメリットであるとともに、日ごろからケアの手間が省けるというのも大きな利点です

しかし、使い方を間違えると、目のトラブルを引き起こすだけでなく、最悪の場合失明にいたってしまうケースもあります。

とりわけ、コンタクトレンズに付着したアカントアメーバと呼ばれる細菌...これがコンタクトレンズに付着していると、目に感染し、角膜を食べていってしまい、失明につながってしまうのです。

使い捨てコンタクトレンズは確かに開封直後は清潔ですが、指定されている期限を越えて使用すると、汚れが付着しやすい性質があるゆえに、目のトラブルの温床となってしまうのです。

しかも、その汚れは洗浄してもなかなか落ちるものではありません。

そのため、使い捨てコンタクトレンズは、使用方法をしっかりと守ること、特に期限に関しては、それを超えて利用せず、新しいものに交換することが、失明防止のためにとても重要なのです。