使い捨てコンタクトの比較ガイド
使い捨てコンタクトの比較ガイド
ホーム > 使い捨てコンタクトについて

コンタクト全品処方箋なしで買える⇒コンタクト通販ならアットスタイル

使い捨てコンタクトについて:記事一覧

おすすめのブランドを教えて!

従来のソフトコンタクトレンズやハードコンタクトレンズに比べて、使うたびに費用はかかるものの、開封するたびに清潔な状態で使用できるのが魅力なのが使い捨てコンタクトレンズです。 使い捨てコンタクトレンズはワンデータイプのものであれば特に、日頃からのケアの手間が省けるために、大変便利な商品として人気を集

酸素透過性について

コンタクトレンズの性能を比較検討するとき、一番大切なのが酸素透過性です。 なぜ大切かというと、瞳のレンズの役割を果たす角膜には血管がないため、角膜の細胞は、大気中から直接酸素を取り入れているからです。 コンタクトレンズは角膜にとって大切な呼吸を邪魔する存在なのです。 角膜が酸欠になると、細胞

メニコンはどう?

国内外のさまざまなメーカーがコンタクトレンズの販売をしています。 その中でも知名度と安心感が高いメーカーのひとつに、メニコンがあります。 メニコンはレンズの品質の良さに定評があり、使い捨て商品も数多く販売しています。 数あるメーカーと比較してメニコンのコンタクトレンズが選ばれるポイントとして、

ワンデータイプについて

使い捨てコンタクトレンズには、毎回新しいものに交換するワンデータイプや、1~2週間装用できる頻回交換タイプ、数か月装用できる連続装用タイプなど、さまざまな種類があります。 なかでも毎回交換するワンデーと、2週間で交換する2weekが主流となっています。 それぞれに特徴があるので、よく比較して自分

価格を比較!

使い捨てコンタクトレンズにはいろいろな種類があります。 それぞれ長所と短所がありますので、購入を考える際には、価格や性能などさまざまな面から比較検討することをお勧めします。 使い捨てコンタクトレンズは、主に交換サイクルで分類され、主に、装着するたびに交換するワンデータイプ、1,2週間で交換する頻回

性能を比較!

使い捨てコンタクトレンズを選択するとき、比較検討の対象となるものに性能と価格があります。 コンタクトレンズの性能で一番大切なのは、酸素透過性です。コンタクトレンズは、着用することで瞳が酸素に触れにくくなり、瞳の呼吸が妨げられます。 酸素不足は瞳に大きなダメージを与えるので、酸素透過性がなるべく高い

2week(ウィーク)タイプについて

2weekは、交換サイクルが2週間の使い捨てコンタクトレンズです。 使い捨てコンタクトレンズにはさまざまな交換サイクルがありますが、毎日交換するワンデータイプと並んで人気があります。 2ウィークとワンデーを比較すると、2weekはコストが抑えられるので、毎日コンタクトを利用する人にうれしい商品で

気になる口コミ情報

多くのメーカーからたくさんの製品が出されている使い捨てコンタクトレンズを選ぶのに、口コミ情報を利用して比較するのは有益な方法です。 使い捨てコンタクトレンズは、交換サイクルによって分類されます。 主なサイクルと、その特徴について簡単に比較してみます。 毎日交換が必要なワンデータイプは、とても酸

メリットとデメリット

使い捨てコンタクトレンズを利用する人が多くなっており、さまざまなメーカーがいろいろな製品を提供しています。 コンタクトレンズは、大きく分けるとハードとソフトがあります。 ハードとソフトを比較すると、ハードの方が酸素透過性に優れているため瞳に優しいとされています。 けれども、ごみが入りやすく常に